スーパー3Dトレード&Short

有償分析ソフトのラインナップ
3点チャージAFスーパーTキット 3点チャージAF150キット
スーパー3D&スーパー3D-Short FXツイン・チャージAF-S
超Speed&超スピード-Short




「スーパー3D」と「スーパー3D-Short」は、それぞれが独立したソフトです。
ソフト名  利用方法 
   スーパー3D  「3Days投資法」の「買い」に利用。比較的、堅調・上昇相場で有効。
   スーパー3D-Short  「3Days投資法」の「空売り」に利用。比較的、下降相場で有効。
 
   
「3Days投資法」を実践するには、
解説書(単行本)「一発自動判定3日で3万円、明地式3Days投資法」(あっぷる出版社)が必要です。
「スーパー3D」をご購入の場合、解説書は無料サービスとなります。
また、すでに解説書をお持ちの場合、他の書籍に変更が可能です。 

「買い」専用の「スーパー3D」、空売り専用の「スーパー3D-Short」
30銘柄の3D分析、投資タイプ「おすすめ」を一挙に表示
個別銘柄の詳細分析「設け額大きい」「利益率高い」「おすすめ」を表示
1ファイルに30銘柄を登録、株価の制約なく、同一ファイルに登録可能
注目銘柄は業種別に180銘柄をセレクションとして登録済、即分析可能
証券コードの入力で「銘柄」「市場」「単元株数」を自動表示
注文サポートソフト「スーパー3Dリアル株価ボード」を無料サービス
Windows10/8/7/Vistaに対応。エクセル2016/2013/2010/2007のいずれかが必須※エクセルは32ビット限定



登録銘柄の3D判定(おすすめ)が一覧で閲覧できる。
1ファイルに30銘柄登録。未登録の銘柄も分析可。

▼スーパー3D・セレクション「電機・自動車」



▼スーパー3D-Short、セレクション「製薬」


個別銘柄の詳細分析が参照できる
3D判定は「儲け額大きい」「利益率高い」「おすめ」の他、任意検索も可能




チャート・時系列データを表示
チャートは、取引結果「利益発生」「損失発生」も表示

銘柄登録は証券コードの入力だけ
「銘柄名」「市場名」「単元株数」を自動取得・表示
※旧ソフトは株価に対応したファイルに登録しましたが、新ソフトは株価に関係なく、
同一ファイルに登録できます。



銘柄登録済「セレクション」を用意、即分析できる
セレクションは1ファイルに30銘柄が登録済。


注文サポートソフト「スーパー3Dリアル株価ボード」を無償サービス
 寄付と同時に、銘柄ごとの「買値」「売値」(空売り)がリアルタイムで表示。
値動きにより、注文約定の可能性が一目で分かり、効率のいい注文ができます。
この便利なソフトを、「スーパー3D」「スーパー3D-Short」のユーザーは無料でダウンロードできます。 
▼スーパー3Dリアル株価ボード 

 
   






登録銘柄数 ■スーパー3D/スーパー3D-Short
●1ファイルに30銘柄を登録。 CD−ROMには原本5ファイル収納。
※ファイルはコピーできるので、分析銘柄数に制限はなく、何銘柄でも分析可能。 
セレクション ●注目の業種は、予め銘柄を登録済、6ファイル(180銘柄)登録済
●「サービス・通信」「金融・商社」「鉄道・ガス」「医薬」「食品」「電機・自動車」
分析機能 ●銘柄の株価に対応し、「AP」「BP」は400通りの組み合わせで分析し、最適な組み合わせを表示
●任意分析はあらゆる「AP」「BP」の組み合わせを検証可能
●分析結果は、登録全銘柄の「おすすめ」を一覧表示
●詳細分析は、個別銘柄の「おすすめ」「儲け額大きい」「利益率高い」を、ランキング10まで表示
株価データ ●無料閲覧用株価データ(大引け値)を利用
●東証、JASDAQ、マザーズのデータを自動取得
●データ更新は分析時のみ行い、毎日更新する必要はない
取り込み・分析速度 ●1ファイル(30銘柄)の株価データ更新時間は実測)で40秒前後(Windows7)※取り込み時間はパソコンや通信環境により増減する。
●データ更新状況「1終了〜30終了」をメッセージで表示
ランニングコスト ●無料閲覧用データを利用するため、情報料など 購入後の費用発生はなし
動作環境 ●OS・・・Windows10/8系/7/Vistaに対応。
●表計算ソフト・・・エクセル2016/2013/2010/2007のいずれか必要。
(注)上記、どのような組み合わせにも対応します。
※エクセルは標準の32bie版で動作可能、64bit版は動作不可
提供媒体 ●メディア・・・・CD−ROM1枚。操作ガイド同梱。                          

■補足説明
※新規上場、株式分割などで、連続株価データが50日未満の銘柄、及び、直近50営業日内に、出来高0の日がある銘柄は、登録・分析できません。